プロフィール

誕生

1955年(昭和30年)9月10日生まれ
現在60歳 妻・2女1男の5人家族

高校時代

1971年(昭和46年)作新学院に入学
野球部で江川卓とバッテリーを組み
甲子園2回出場 オールジャパン高校選抜に江川と出場

大学時代

1974年(昭和49年)早稲田大学に入学
六大学野球で活躍
水島新司の人気マンガ「ドカベン」のモデルは亀岡である

社会人

1978年(昭和53年)熊谷組に入社
大井駅前開発プロジェクトを率いる
都市対抗野球でも活躍

父・亀岡高夫の補佐を務めはじめる

1982年(昭和57年)亀岡高男の補佐を務めはじめる
1987年(昭和62年)早稲田大学野球部助監督に就任
アジア刑政財団の一員として犯罪のない社会づくりの取り組みをはじめる
1988年(平成元年)福島県幼児教育振興懇談会会長就任

政治の道を志す

1990年の第39回衆議院議員総選挙から1996年の第41回衆議院議員総選挙を除いて4回に渡り立候補
多くの皆様に支えられ多くのことを学ばせていただいた

衆議院議員選挙初当選

2005年の第44回衆議院議員総選挙にて171,507票を得て
初当選 衆議院議員としての生活が始まる
4年間福島の為に尽力した
2009年の第45回衆議院議員総選挙にて136,526票を得るも悔しい結果となる

東日本大震災

3.11の大地震、大津波で多くの大切な同志を亡くしてしまった。「できることはなんでもやる!」と原発事故に立ち向かいながら必死に救援活動を続けた。
国会議員としてこの震災対応ができればと悔やみつつも
自分の「現在」できることにすべてを捧げた

再び衆議院議員に
内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官就任

2012年 第46回衆議院議員総選挙にて再び当選を果たす
内閣府大臣政務官県復興大臣政務官を担う、復興だけでなく、全国で発生した異常気象による被災地にて現場の責任者として指揮をとった

現在の役職

衆議院

文部科学委員会

理事

東日本大震災復興特別委員会

理事


自民党内での役職

文部科学部会

部会長

教育再生実行本部

副本部長

スポーツ立国調査会

副幹事長

消費者問題調査会

副会長

文化伝統調査会

副会長

経済構造改革に関する特命委員会

幹事

北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部

幹事

火山対策特別委員会

幹事

働き方改革に関する特命委員会

幹事

東日本大震災復興加速化本部

幹事

平成28年台風による災害対策本部

幹事

日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会

幹事

外交再生戦略会議(党則79条機関)

幹事

人工知能未来社会経済戦略本部

幹事

一億総活躍推進本部

幹事

青少年健全育成推進調査会
家庭教育法案プロジェクトチーム

副会長
座長代理